Translate

2017年2月19日日曜日

最近実験していること☆

毎年、1月はそれなりに、
今年もがんばるぞーっ!という気持ちになり
”大事に大事に過ごそう”と
スタートダッシュする傾向がある。

何か行動しなければ!と
常に考えているような感じ。

けれども、
今年はそんなに気負ったところもなく、
目の前にある用事や予定をこなしていると
なんとなく充実した1月を過ごせているなーと
感じていた今年の1月。

2月に入る頃、
いつもであれば、
2月も気を付けて過ごさなければ...と
少しゆるゆるになり始めた自分に
気合を入れなおしたりするような気持ちにも
なったりもするのだけれど、
今年はそんな焦るような気持ちもなく
過ごせていて、
うん、うん、いい感じ、いい感じ☆と
感じたりしている。


桜神社のサクラ
もう咲いていました☆


と言いながら、
相変わらずブログはあまり更新できず、
それでも時々のぞきに来てくださっている
皆さまに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます!


今日は、
最近ちょくちょく実験していることについて
シェアしたいと思います。

実験というか...
確認というか...

満員電車の中で、
ベビーカーに乗った2歳くらいの男の子が
わーんわーんと
泣いていました。

困ったママは、
その子が何とか泣きやむように、と、
”ほらほら”と
ipadを目の前に差し出し!

そ、そんな...
と驚きながら、

そして、
満員電車の中で不快に感じている
子どもには、電子の力は無意味なのだなと
少し安心する気持ちにもなった。

ママも気の毒だし、
何よりもその男の子の気持ちが安定しないことに
とても気の毒に感じ、
何とか助けたいなーと言う気持ちになり、

敏感である子どもたちであれば、
波動はキャッチするはず!

なので、
彼に”ダイジョウブだよー”と心で
唱えながら、
波動を届けてみた。

しばらくすると、
目があったので
口でも
”ダイジョウブ””ダイジョウブ”と唱えて、
彼へ送ってみた。

驚いた顔を見せた彼が
一瞬固まり、
そして、
泣くのをストップした。

おー、
波動をキャッチしてくれた!

ということにし、
私も嬉しくなって、
彼に微笑んでみた。

その子の顔に笑みは浮かばなかったけれど、
心と心で
会話ができた気持ちになって
私はとても嬉しい気持ちになった。


そのコミュニケーションに気分を良くした私は、
友人宅で
今度はネコに試してみた。

彼女が里親となって、
迎えたネコちゃんは、
以前かなりの虐待を受けていたようで、
心をなかなか開いてくれなかったそうで。

私も初めて遊びに行かせてもらったときには、
カーテンの向こうに隠れたまま、
とうとう1度も顔を見せてもらえなかった。

遊びに行かせてもらう回数が重なるにつれて
だんだんとカーテンの外には出てくれるようになってきて

そこで、
私の好奇心にスイッチが入り!
そうだ、ダイジョウブだよ!って伝えてみようと
思ってしまった。

会うのが4回目だったその日は、
もう私が座っている椅子の下にも
来てくれるようになっていて、
だいぶん慣れてきてくれている様子なので、
私はちょっと触らせてもらいたい気分になった。

ここで、ダイジョウブ作戦、開始!

”○○ちゃん、ダイジョウブ、ダイジョウブだよ。”
”ダイジョウブだよー”

と最初は、彼の目を見ながら心で唱えてみた。

じっと私を見てくれている彼の目を見ていると
大丈夫そうな気がしたので、
すこーしずつ手を伸ばしながら、

”○○ちゃん、ダイジョウブだよ”って
心で唱えてみた。

すると、私の伸ばした手を受け入れてくれて、
彼の首を触らせてくれた。

しばらく摩っていても
恐れている様子は全く見せず、
受け入れてくれた様子に
私はとても嬉しくなった。

このダイジョウブという言葉は、
とっても素晴らしい波動を持つのではないか、
そう感じ始めていた。

続く☆

ダイジョウブのお話には続きがありますが、
今日は長くなったので、
続きはまた次回書かせてもらいますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿