Translate

2016年12月12日月曜日

ありがとうございました☆

一段と冷え込んできたこの週末、
横浜の海風も冷たくて...


赤レンガ倉庫では、
アイススケートリンクも設営されていて、
夜には、人工の雪を降らせていて、
とっても”冬”を満喫したような気分になった
赤レンガ倉庫でのミネラルマルシェでした。


ショーへの参加も回を何度か重ねてくると、
顔見知りの業者さんも増えてきて、
”やあやあ、元気?”と数週間前、先週、
会ったメンバーと挨拶をして、
ショーが終わって、別れるときには
”では、今度は○○で”と
次のショーが行われる街での再会を約束したり。


しばらく一人でやっていたこのお仕事も
今でも一人ではあるけれど、
日本のどこかで、顔見知りのメンバーに会えるというのは
何とも楽しいものだなと感じておりました。


今回は、
サプライズで登場してくれた皆さんに
嬉しびっくりという気分を味わせてもらいました。


数年前に、お友達の紹介で☆と展示会へ来てくださった方だったり、
ケルトの友人がお隣に住むクリスタル好きの方を連れてきてくださったり、
いつも力強い応援をくださるために会場へ足を運んでくださる方だったり、
思いがけない出会いから何度かショーへ足を運んでくださるようになり、
そして今回はお友達を連れてきてくださったり...


皆さんがくださる私が選んできたクリスタル達へのコメントに
本当にありがたく、
”この役目をスタートしてよかった~”という気持ちに
何度もさせてもらいました。


前回、
たまたま赤レンガ倉庫へ遊びに来ていて、
なんとなくショーへ寄ってみた、という小学生のお子さん2人ずれの
ご家族が、ある大きな石を購入してくださいました。


そのご家族のことを思い出していたら、
そのご家族がなんと立ち寄ってくださり!


お話を伺うと、
「今日何しようか?」と話しながら、調べてみたら
横浜でショーをやっていることを知り、
また来てくださったとのこと。


そんな嬉しい再会もありました☆。


週末は、親子連れ、特に小学生の男の子を連れた
ご家族が多いのですが、


私のテーブルにちょっと立ち寄って見てくれていたパパに
「また買ったらママに怒られるよー」と
言っている小3の男の子の親子連れ。


その子が石好きでショーへ来られたとのこと。

最初、貝のお皿に興味を持って、寄ってくださったようだったけれど、
石も見てくださって、

そして、1つ選んでくださったのですが、
お会計になる段階で、
もう1つ気にかけて、手に取ってくださって、

”これ気に入っちゃったからこれも買っちゃおうかな”
”うん、これもください”と、

キラキラと結晶が美しいシトリンを私にトスしてくださり、

すると、連れていた男の子に

”これはお父さんの会社の机に置いておこうかなって思って”と話され、

”お父さんのお仕事がうまくいきますように、ってね”と

パパが話すのを聞いた男の子が、

”じゃあ、早く帰ってこれる??!!”と即行で返していた、
その時の男の子の嬉しそうなキラキラした笑顔がとても可愛くて、

お父さんは返事に困っていたけれど、

私はその横で二人の関係がとても素敵だなーと感じて、
密かに感動していたのでした。


お父さんのお話によると、
男の子はお父さんとのキャッチボールがとても楽しみなんだそうで、
お父さんの帰宅を毎日楽しみに待っている様子。

そんな男の子が他人である私でさえも愛おしく感じ、
また、息子にそんなふうに思ってもらえるお父さんが素敵で、
お父さんが息子へ注ぐ無償の愛の大きさをとても感じました。


前述のたまたまショーがあることを知り来てみた、と
久しぶりにお会いしたご家族、

この二人の親子、

そして、私の大事な応援団のお父さんと小さい息子さんのお二人にも

久しぶりにお会いし、

温かい気持ちにさせられる瞬間の連続だった
今年最後のショーへの出展でした。


皆さま、本当にありがとうございました。
どの出会いにも感謝の気持ちを込めて☆

0 件のコメント:

コメントを投稿