Translate

2016年6月23日木曜日

沖縄から戻りました☆


沖縄で深い、深い時間を過ごした後、


おとといの晩、
無事、東京に戻りました。


ショーで、
お立ち寄りくださった皆さま、
本当にありがとうございました。


沖縄の方々は、
レムリアとのご縁が深いのか、
レムリアンシードに興味を持ってくださる方が
とても多くて、
興味深く感じました。


来年の開催も決定したとのこと。
私も今からとても楽しみにしています。





ショーが終わった次の日、
久高島へ渡る前に、


沖縄のショーへ誘ってくれた
福岡で、やはり女性ひとりで
石とご縁を紡いでいる業者仲間!さんが、


「前日に行って、とても良かったから」と、
何か所か勧めてくれた本島のスポットへ
寄っていくことにしました。


これらが後に行き着く久高島へ
とても強いコネクションがあったということ、


そして、それらの場所へ行くことは
とても重要な任務であったことを
後になって知ることになるのでした。


そんなこととは知らずに、
ただ興味が赴くままに、訪ねていた場所については…
改めて綴りたいと思います。



久高島では、
おばあのお宅でお世話になりました。


以前この島で行われていた、12年に1度の儀式にも
参加していたおばあは、
それはそれはあたたかい愛情で包んでくれ、


これまでの人生でこんなにほめられたことはない!
と感じてしまうくらい、
いっぱい褒めてくれて、


一緒に過ごした時間は短かったけれど、
別れは、例にもれず、とても寂しくて...


「じゃあ、おばあ、帰るね。
また来るよー!」と明るく声をかけた私に、


「そうね、さびしくなるねー」と
目にいっぱい涙を浮かべてくれている姿を見てしまったら...


やっぱりこちらも涙があふれてきてしまって...


おばあは、”ハグ”は慣れてないかな?と考えて、
少し遠慮して、
握手をしようと、手を伸ばすと、


私の手の強-く握りしめて、


「さびしくなるねー」とまたおばあの口から洩れる。


名残惜しかったので、
もう少し一緒に過ごしたかったけれど、
もう船の時間まであと15分と迫っていたので、


丁寧にお礼を言い、


そして、自転車で出発した私をいつまでも見送ってくれていた
おばあには、
「また来るよー!」と
もう一度声をかけて、出発しました。



そんな悲しい別れを体験した後、


那覇空港へ着いた時、
私は、携帯電話の充電ケーブルをおばあのウチに忘れてきているのに
気がつきました。


帰りに、
おばあに
「忘れ物はないね??」と言われ、


「うん、大丈夫。
忘れ物があったら、取りに来るよー!」と二人で笑って話していたのだけれど、


さすがに取りには行けず...



確認のために、おばあに電話をし、
すぐに電話に出てくれたおばあに、


「おばあ、東京の古賀さんだよー」と告げると、
注)おばあは、私のことを”古賀さん”と呼んでくれていた。


「あー、古賀さんねー。寂しいねー。」とまた
優しいことを言ってくれる。


「おばあ、私、”ひも”を忘れてきたみたーい」と言うと、
注)おばあは、充電ケーブルのことを”ひも”と呼ぶ。


「あ、ほんと、ほんと、ここにあるよ。どうするねー」とおばあ。


送ってもらうことにしたのだけれど、
どうやって送ってもらうことにするかは、
明日また連絡すると約束して、
その時は電話を切った。


そして、昨日、再度連絡をし、


「おばあ、東京の古賀さんだよー」と言うと、


「あー、古賀さん?おばあは寂しいよー」と一言目。
またまた優しいことを言ってくれる。



そして、すぐに
「ひも、どうするね??」と聞いてくれたので、


「私から、切手を貼って、住所を書いた封筒を送るので
それに入れて送ってください」と頼むと、


「うん、わかった。そうするねー」と返答があり、


寂しいねーと言ってくれたものだから...


東京は涼しいよー。お天気が悪いよー。と
こちらの様子を話そうとしていたら、


ガッチャッ!


という音が聞こえた。


えっーーっ! 
お、おばあ、もう電話を切っていた~!


ま、まじ...


お、おばあ、本当にさびしかったのかな~、
と、おばあの感情を疑い?、


私が、さびしいよー...
と心に寂しさを感じた、昨晩の出来事でした。



一緒に過ごした時間は、
24時間も満たないくらいの時間だったけれど、


”行ってらっしゃーい”

"ただいまー!"

”おかえりー”を何度か繰り返していくうちに、


おばあとの時間は、
私の心へ深く深く刻まれていったようです。



久高島でのこと、
おばあとのこと、
また改めて綴りたいと思います。


2016年6月17日金曜日

沖縄に到着☆

出発予定時間を30分遅れて
羽田を出発し、
始まった久しぶりの沖縄への旅☆


遠くに見えるのが東京、



すぐに実家近くを過ぎ…



今回は、
雲の上に少しだけ富士山のてっぺんを望み…


到着した沖縄☆


空港近く上空で、
地上に書かれた「めんそーれ、沖縄」
と書かれた文字を見つけ、
とっても嬉しい気持ちになる。


飛行機を降りると、
搭乗を待っている人たちがたくさんいて、
沖縄で過ごした人たちの表情が
何とも柔らかく、


東京から到着したこの便から
降りてきた私たちの表情は
とても固くって対照的なんだろうな、なんて感じた。



梅雨が明けたばかりの沖縄。
あ、暑い…







沖縄に行ったら必ず行かなければ!
と思っていたのが、この場所で、




ハートの深ーいどこかで、
それを感じていたものだから…


向かうことにした首里城。

私は、この場所をとても懐かしく感じてしまうのです。




正殿の上にもうすぐ満月を迎える月を見つけ、



しばらく海を眺めていたら、
珍しい夕焼けを見つけ、



もう退散しなければ…
と出口を向かっている時に、
ある門のところで、


もう閉館も近づいていたのに、
あーだ、こーだ、といろいろと話をしてくれたおじさま。



いつか来た時に見たライトアップされた首里城がとても美しくて、
それをまた見たいと思ったけれど、
それがどこだったのか思い出せず、


そのことを話したら、おじさまが
”ライトアップならここだよ!”と教えてくれた
スポットへ無事にたどり着き、
ここでもしばらく眺めて時間を過ごした
沖縄での初日。



今回は、
車の運転をすることにし、
そのレンタカーのお店で案内をしてくれ、
少しお話しをして
”これもご縁だから”と言ってくれたお姉さんも、


さっきのお城のおじさまも、
お聞きしたら、
同じお名前で、


沖縄にはよく苗字かもしれないけれど、

懐かしく感じるこの土地で、
そんな偶然に
少し不思議な気持ちになる。


明日は、宜野湾に移動します。



2016年6月9日木曜日

近況&お知らせ

くすっかりご無沙汰をしてしまっています...


セドナから戻り、
横浜のミネラルフェスタを迎え、

その後、福岡でのミネラルショーへ出かけ...

といろんな土地とのご縁をもらっていた間に、


いつか記事にも書いたことのある94歳の”おてんば祖母”が、
関東へ遊びに来てくれていて、
毎週、実家へ帰るという時間を過ごしています。


私がアメリカへ出発するのと入れ替わりに、
福岡から来てくれていた祖母へ、
私が”福岡へ行く”と言うと、
「じゃあ、ともちゃんが帰るなら一緒に帰っておこう」と言うのだろうと
想像できたので、

まだ祖母と一緒に過ごしていたい私は、
福岡のショーへ行くことは黙っていました。

まぁ、そんなエゴもたまにはいいでしょう、なんて
勝手に自分を許したりして。

今年になって電話で話したときには、
”最近は、駅まで歩くのがきつくなった”と言っていた祖母だったけれど、

こちらに来てから、ほとんど毎日のように駅までの1.5キロを歩き、
そのついでに、(いやそれを目的に駅へ向かっているのだが)
近くの娯楽施設(ものすごい音量の音楽が流れているところ)へ出かけ、
気ままな時間を相変わらず楽しんでいるようで、

”目の前に人参がぶらさがっている”と、
人間はいやはや強くなるものなのだなあと
そう考えながら、祖母のことを眺めてしまう。

お店の閉店まで過ごして、実家へ帰ってくることもしばしばのようで、
母(祖母の娘)や同居している妹から
「せめて夕飯には間に合うよう帰ってくるように」と
何度も叱られているのに...

先日会ったときには、
「娘や孫に叱られても、なーんともないけん」と
私につぶやく始末で、
なんとも懲りていない様子の困った祖母であります。

それなりに成果をぶらさげて帰ってくることができているようで、
それがあるから、本人もどうも止められないようで、

ひどい痛みを経験して帰ってきた時は、
妹に
「やらん方がいいのは分かっとうけど、好きっちゃね。
やめられん。」と言っていたらしい。
本人も考えるところはあるよう。

一言では語れない長い長い人生を歩んできたのだから、
まあ、好きなことを思い存分やってもらえばいいね、
と考える私たち家族でもあります。

祖母の名誉のために、
別のエピソードも少し書き加えると、
祖母は、毎朝必ずきちんとお化粧をするし、
夜はパックをしたり、
良い”ナイトクリーム”が欲しい、と
私たちにどんなものを使っているのか?と聞いてきたりする
特に肌のお手入れに興味を持っている女性です。
(私だってつけてないのに!!←この方が問題か!??)

友人のおばあさまもそうだけれど、
この年代の女性は、朝起きたら必ずお化粧をきちんとすることが
身についているようです。

ブログへ書こうか書くまいか、迷っていた祖母の困った趣味のこと、
とうとう書いてしまいました...
彼女の話は、また近々書きたいと思います。



そして、引き続きお知らせを書かせてもらいます。


6月18日(土)、19日(日)と沖縄で初めて開催される
「第1回 沖縄ミネラルショー」へ出展することになりました。


ぼんやりと、”今年中に沖縄へ行こう”と考えており、
12月くらいに行けるかな?と思っていたら、
思いがけず、早めに叶うことになりました。


これも石が繋いでくれたご縁☆。
沖縄のみなさんとどんなご縁が広がっていくのか...
とても楽しみにしています。


福岡でも東京でも...
ちょくちょく”ブログ見てます!”と言ってもらうことがあって、
そのたびに、相変わらずのマイペースぶりを反省しつつ...
”もっと頻繁に書こう!”と、これでも決心しております。


改めて、いつもご訪問をありがとうございます。
これからも引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪。