Translate

2015年6月30日火曜日

エジプト紀行 Ⅵ 〜 Luxor (ルクソール) 3 - Colossi of Memnon & Karnak Temple (メムノンの巨像&カルナック神殿)


「ハトシェプト女王葬祭殿」見学の後に、
少し立ち寄った「メムノンの巨像(アメンホテプ3世像)



この2つの巨像以外に何もなくて...
ん?
という感想を持たなくもないのだけれど、

この巨像の向こうには、
大きな大きな神殿があったとのこと。

後のファラオが、別の神殿を建てるために
その神殿の石を動かしてしまったとのことで(リサイクル、リサイクル♪)
その姿を望むことはできない、
が、”想像の翼を”広げて
ここを眺める。

顔面が壊れており...
その残った部分の形から
私には、どうも
おかっぱ頭のカッパに見えてしまい...(^_^;)
アメンホテプ3世ごめんなさい。
(アメンホテプ4世(アクエンアテン)のお父さん)

その偉大さにフォーカスができなかった...


約18メートルほどの巨像

が、
やはりこの奥に大きな神殿があったと考えると
とてもワクワクする気持ちになる。

”ワクワク”大好き。
やっぱり旅はおもしろい。



短い訪問を終えた後、
ランチを経て、
午後からは、この日のクライマックス
「カルナック神殿」

この日は、
「王家の谷」から始まり...
”盛りだくさん”の一日で、
私はこの時には既に
”飽和状態”であったような気がします...


しかし、やはりワクワクしながら前進。
そこで
何かが自分を待ってくれているような気がしていた。


参道から臨んだ神殿☆

両脇には、
ヒツジの姿が並ぶ。

ヒツジもヒヒと同じで
”太陽のシンボル”として
用いられたというガイドの話。

この間を抜けると
大列柱の空間へ


ルクソール神殿の”宇宙的”な異空間の”雰囲気”とは
また別の”異空間”に舞い込んだ気分になりました。


柱大好き☆


上ばかり眺めてしまい、
柱に描かれている絵の写真がなし!




柱にたくさんの”歓迎”を受けて、
前へ進む。


やはり”柱”には何かが組み込まれているように
感じる。


きた、きた、オベリスク!


当時は、金を貼って
太陽の光が周りへ反射するように
していたようだという説明。

大列柱室を抜けて
振り返った景色


どんどん奥へ進み、
こんな部屋を通ったり、




こんなところへ入ったり、


柱の上にあるのは、ロータス。
正面の上に描かれているのは、
太陽とコブラ


ハトシェプスト女王がトートとホルスに
香油をかけてもらっている様子
「ハトシェプストの部屋」


なんか、昔どこかで遊んだ迷路のようだった。







いろいろ巡って、
瞑想したり、ただ”感じてみたり”...
ハートにはさらに何かがチャージされ、
いっぱいになってきた。


すると、
空は何やらサインをくれていたようだった。


”祝福☆”


もうすっかり陽も落ちて来て...
太陽のシンボルも今日の陽に別れを告げる頃...




ここを住処にする子犬も
家へ帰宅中。

”ボクもお家に帰ろっと”



2015年6月23日火曜日

アロマシャンプー


どこかのサイトでおススメされているのを見て、コメントもまぁまぁだったので、これ、買ってみました。シリコンとか界面活性剤とか鉱物油、合成着色料、合成香料...などが入っていないものらしい。コメントを読んでいると、まだ刺激物が入っているとのことなので、そこは考慮しつつ...それでもカラダにも地球にも、より優しいものを使いたい人にはいいかも。使用感は...思ったより”さらさらする”感じ。個人的にはもう少ししっとりした仕上がりが欲しいですが、ツヤが出るのでまぁまぁ良し。自然系シャンプーにありがちな、シャンプー時の”ごわごわ感”は全くなし。ノンケミカルで、泡立ちもいいし、香りも私が大好きな柑橘系。値段も、自然系にしては安い方でお財布に優しい。しばらく使ってみようかな、と思っています。ドラッグストアでお試しサイズ(1回分)が100円で売ってました。それでまずは使用感を試してみるのもいいかもしれません。これは、”MOIST&SMOOTH(ベルガモット&ネロリ)”ですが、”MOIST&AIRY(ピンク〜ゼラニウム&イランイラン)”のお試しサイズもありました。ちなみに、香りは髪の毛に残りませんが、シャンプー時は香りに癒されます〜。

もっと、良いものがあったらおしえて下さいね♪。

2015年6月22日月曜日

光のフェスティバル〜☆

月と木星と金星


夏至の前夜☆
"Happy Solstice Eve!"とメッセージが
飛び交っていた時間だった☆

ちょっと用事を思い出して駅前へと出かける。

自宅を出ると
いつも通っている駅への近道ではなく
別の道を歩いてみようという気になり、
駅とは反対の方向へと歩き始める。


数歩歩いたとき、
ふと光を感じて見上げてみると、
それらはそっと微笑んでいるようだった。


電線のからまる住宅街にも、
変わらず光を披露してくれている3つの光のダンス。


私は、観客となり
しばらくその光を眺める。


地球に居る全ての人が眺めることのできるその光であるのに、
まるで私だけのためのショーであるかのように、
私だけが独占したかのように、
勝手になり...


”ギフト”として
スペシャルな時間を
受け取ったような気がした。
いや、(勝手に)そうすることにした。
私はハッピーな気分にだったのである!


今ごろ、古代の遺跡では、
太陽の光に感謝の儀式が行われているのかな。


地球と太陽が手を結び、創造する
そのスペシャルな光を祝福する平和な時間へ
想いを馳せてみる...


Stone Henge, England
2012/7/5


Happy Summer Solstice Day!
今日は、雨は降ってないけれど、雲に覆われた空
夕方にはその雲が切れて、
太陽が顔を出してくれたらいいなーと願う東京より☆


2015年6月17日水曜日

クリスタルがもらたしてくれたもの☆

ブラジル産
レムリアンシードクリスタル



ひさしぶりの展示会前、

これから創造されるその場に心を集中させながら過ごすよう、
心がけながら
こまかい準備をして過ごすこの数日。

とそこへ、クリスタルショップに
ご縁をいただいたメッセージが
携帯電話へ届く。


とてもありがたい気持ちとともに、
エキサイトしながら
そのメッセージをひらく...


展示会の他に
オンラインショップという別の手段で
クリスタルとの出会いを新たに提供できるようになったことに
喜びを感じながら、

そのメッセージをひらいてみると、

前回もペンデュラムを購入してくださった方が
今回別のものをお迎えしてくださるようで、


とても嬉しく
可愛がって下さっていることに
感謝の気持ちでいっぱいになる。


その間、

何曜日の何時に行きます!とか
今回は予定があって行けないけれど、
楽しみなのでまた来月でもやってください!とか...

展示会について
とてもありがたいメールもいただき、
心がとてもあたたかくなる...


思い返すと、
2012年の12月...
私が何者なのかも分からない...
私がどんなクリスタルを皆さんにお見せできるか分からない...

そんな私が集めて来たクリスタルを見に、
これまた素敵なご縁をいただいた表参道のギャラリーへ
たくさんの方がお越しくださり、


それぞれの方が”自分のクリスタル”を
見つけてくださる”現場”に立ち会い、
”目撃証人”となる体験に、
心がいっぱいになったことを思い出す。


それから、それぞれの方がご縁を紡いでくださって、
そのご縁の輪がだんだんと大きくなっていく様子を感じ
これまた心がいっぱいになっているのです。
(今日は、”これまた”連発!!)


クリスタルエナジーに見守られながら、
毎回全く違った空間となる
『クリスタル展示会』☆


ヒーリングエナジーをシェアしてくださったり、
歌という形で素晴らしい声のツールを披露してくださったり、
叡智をシェアしてくださったり...


タイトルは『クリスタル展示会』ではあるけれど...
その場は、
ただクリスタルを見ていただく場だけではなく、
それぞれが持つ光が放たれる時間、
それぞれが本来持っている輝きを再確認する場...


来て下さった方同士で新しいご縁が繋がったり、
どこかでご縁があった方同士が再会したり...

クリスタルでの出会いとはまた別のことを目撃することになり
興味深いことが起こるのが
とても楽しい。


私は、
どちらかというと、
”人前に出ること”が苦手で、

”誰かの後ろでサポート役をする方が
自分に向いている”と思っていたし、
それが”得意だ”と実は思っていた。


だから、
「自分で何かを仕事にする」という今が
過去の私からすると、とても信じられないこと
だったりするのである。


それも...
いろいろな旅や体験、友人たちとの時間を通して、
その自分の周りに厚くまとっていた”皮”も
だんだん”むけて来た”ようで...

めでたく
何と、Facebookにはとうとう顔写真も出せるようになり!!、


クリスタルと仕事をしていく!と決心したことが
皆様とクリスタルを繋ぐという喜びの他に、
自分の成長を助けるツールとなっていることに
感じたりしている日々...


あのとき、”やるんだ!やるんだ、Tomoko!”と
フローライトが鼓舞してくれたのはそんな意図もあったのかも、
と石の力を再確認したり。(そのフローライトの記事 → ☆★☆


ショップを可愛がってくださる
全ての皆様への感謝の気持ちを込めて☆
今年12月の3周年へ向けて、
行くんだ、走るんだ、Tomoko!
と今度は自分を自分を鼓舞してみる...


これは♪!と
私のCrystal Eyeに音が響いたクリスタルたちを
海外から運んできました。
どうぞご覧にいらしてくださいね。


皆さまと共有できる時間を
楽しみにしています♪。


Tomoko












< 日時 >
6月19日(金)、20日(土)
13時 〜 18時

< 場所 >
『ギャラリー ハセガワ』
渋谷区神宮前1-19-5
*原宿竹下通り ダイソー側

JR「原宿」駅 徒歩1分
東京メトロ 千代田線 「明治神宮前」駅 徒歩3分

ギャラリー案内 & Map → ☆★☆  


<NEWS!>
クレジットカードもご利用いただけるようになりました!


皆様と
クリスタル エナジーあふれる空間を共有できること、
ひさしぶりにお会いできますことを
楽しみにしております。
初めての方も
どうぞお気軽にお越しください♪。




2015年6月16日火曜日

エジプト紀行 Ⅴ 〜 Luxor (ルクソール) 2 - Valley of Kings & Hatschepsut's Temple 王家の谷 & ハトシェプスト女王葬祭殿


この日は盛りだくさんな日だったのですが、
まずは、王家の谷へ。


確か...
自然にピラミッド型になったという頂上を持つ山。
この山の向こうに、以前ファラオたちが眠っていた場所が。


1回の入場で、3つのお墓の見学が許されているとのことで、
Ramses(ラムセス)6世、Ramses3世、
そして、Tawesret&Setinakhtという夫婦で安置されていた
お墓を見学させてもらいましたが、


どこも壁画が素晴らしくて...
いまだに描いた人たちの気持ちを感じるような空間の中で、
ここでもとても心が躍りました。


そこが”お墓であった”ということも
忘れてしまうような...
もっと長い時間その場で過ごしたいような気持ち。


3千年前に描かれた絵が色を鮮やかに残しながら、
まだはっきりと絵が残っているなんてスゴイ!と
”顕在意識”でとても感心しながら、


私、以前ここにいたのかなー。
いや、”ミイラ”としてではなくて...(笑)


ひょっとしたら、
エジプトでこのような絵を描くようなことをしていたのかもしれない...
そんなことを自分自信の意識の中に
感じていたような。


王家の谷は、写真は一切禁止だったので、
購入したポストカードについていたCDの中から
写真をお借りします。


お土産用のポストカードについていたCDより拝借
(ラムセス3世のお墓)

お土産用のポストカードについていたCDより

お土産用のポストカードについていたCDより
借りました。


それぞれのお墓を”堪能”した後...




続いて、
「ハトシェプスト女王葬祭殿」へ。

ここに作れば、石を運ぶ必要がないので...と、
崖に作られた葬祭殿。
”石を削って作られた”とガイドが説明してくれていたような。



どこでもそう言ってる!と指摘されそうですが...(汗)
私はここもとても好きでした。
(はい、イヤだと思った場所はひとつもありませんでした...)


建物の2階から、
ハトシェプスト女王が眺めた景色を早く見たい!という気持ちになり、
続くスロープを登って、さっさと歩いて登りました。


ハトシェプスト女王の国民を思う愛を感じるような。
そして、少し..認めてもらえない寂しさも感じるようでもあり
ハトシェプスト女王へ愛を送りたくなるような気持ちに。

全部「ハトシェプスト女王」

女性である自分が認めてもらえていないと感じた
女王は、自分を男性として描かせたのだそう。



 

奥にあった、
最近公開されるようになった部屋。

周りはこんなふうにひらけています。

脇にはゴロゴロとこのようなものが
集められていました。
これからいろいろ復元されていくのでしょう。

ハトシェプスト女王が眺めた景色☆
”お聞きなさい!私の愛する民衆よー!”


2015年6月15日月曜日

エジプト紀行 Ⅳ 〜 Luxor (ルクソール) 1 - Luxor Tempel ルクソール神殿

すっかり中断してしまっていたエジプト旅ジャーナルを再スタートさせてもらいます。



『 ルクソール神殿 』...

ちょうど満月の夜に訪れることができた
そこは全くの別空間でした...



夜、訪れたせいかもしれませんが、
駐車場でバスを降りて、入り口へと歩いていくとき
宮殿の姿が少しずつ見え始め...

きゃーっ!!
と心で叫んでしまった...

とにかく心奪われました。

両サイドに建ってるはずのオベリスク...
現在、片方はパリに。




ガイドの説明では、
「”ヒヒ”は、”朝日が昇ると手を叩いて喜ぶ”から
太陽のシンボルとしてオベリスクの下に象られていると」。
”なんて神聖な動物なんだろう!”と感動しましたが、
少し調べてみると諸説あるようです。




ツタンカーメンとそのお妃の姿☆


すっかり心奪われてしまい...
入り口のところでけっこうな時間を過ごした後、
ゆっくり中へ歩を進めていく...



そして、中央の広場。
ここの下にクリスタルが埋められているという話。
瞑想の時間を持ち、
この異空間のエネルギーに酔いしれました。



素晴らしかった満月のこの夜。
自分の中で...
何かが”満ちた”と感じた☆



Luxor Temple Love♡





エジプトで益々パワーアップしてきた、そんな
Tomokoの!?クリスタル展示販売会のお知らせです♪
 

< 日時 >
6月19日(金)、20日(土)
13時 〜 18時

< 場所 >
『ギャラリー ハセガワ』
渋谷区神宮前1-19-5
*原宿竹下通り ダイソー側

JR「原宿」駅 徒歩1分
東京メトロ 千代田線 「明治神宮前」駅 徒歩3分



<NEWS!>
クレジットカードもご利用いただけるようになりました!



皆様と
クリスタル エナジーあふれる空間を共有できること、
ひさしぶりにお会いできますことを
楽しみにしております。
初めての方も
どうぞお気軽にお越しください♪。