Translate

2015年2月26日木曜日

ハートを全開にして☆

ひさしぶりの更新になってしまいました。いつも訪問してくださっている皆様、ゴメンナサイ。そして本当にいつもありがとうございます。

この何週か、パチパチとそろばんをはじいているわけではないが、数字と闘う?毎日を過ごし、やっと無事提出を済ませました。もし子どもがいたら、夏休みに「毎日ちゃんとやっていないと夏休みの終わりころに大変になるわよ」と言うだろうに、自分もこどもと同じようなことをしているなぁと毎年思ってしまうこの時期。今年度はコツコツやろうと誓うためにここに書き留めておくことにします。(効果あるのか!??)。まだ締め切りまでに時間があるけれど、提出を急いでいたのは...ご縁をいただいて今晩から旅へ出かけることになったからです。

ルーブル美術館
あれ?これはエジプトではなかったっけ??
この何年か、いつか行ってみようと考えていたエジプト。旅をするには情勢があまり良くないみたいだし、私自身も”まぁ、今すぐではなくてもいいかな”という気持ちだったのか、切望という感じでもなく、なんとなく、”新月のお願い事”のリストに含めていた程度。しかし、そのエジプトへの思いが、昨年からより”行きたいなぁ”という気持ちに傾いて来ており、今思うと私の中の潜在意識がエジプト行きに向けて、いろいろと模索していたのだろうと感じている。昨年から少しずつそれが現実化への流れを見せ始め...ご縁や愛のおかげで、このたびのエジプト行きがとうとう実現することになりました。ありがとう☆。


パリをよく訪れていた頃、ルーブル美術館に行ったときには好きでよくエジプト部門へ行き、そこで何時間か過ごしたりしていました。あの時は、ただ「偉大な歴史を語る部屋」という見方をしていたのだと思うけれど、私の心は確実に、その部屋に心地よさと何か☆を感じていたのだなぁと思う。

今回、これまで本やテレビで見ていた遺跡の数々の空間の中に実際に身を置いて、そこにはどんな風が吹いているのか....どんなことをハートに感じるのか...どんなことを思うのか...とても楽しみな気持ちです。友人がくれた言葉通り、”ハートを全開にして”感じてきます。

もし可能であれば、あちらからブログかFacebookで写真をアップしたいなぁと思っています。どうぞお楽しみに。(エジプトのホテルではインターネット料金を支払ってもwifiが上手くつながらないことも多々あるそうです...。もしアップしなかったら、そんなことでも起こっているのかな??と思って気長にどうぞ待っていてくださいね♪)

2015年2月5日木曜日

あなたをもっと深く知りたい☆

中国の九龍村という土地で暮らすトン族のお話。

独自の文字がなかったこの民族の人たちは、
普段の生活の様子や、昔の物語を
文字の代わりに歌にして
古くから受け継いできたという。

畑仕事の時、山登りの時、休憩時間...
いつも歌が伴う。

歌で自然への愛、生活への感謝を表現する。
日々の感謝の気持ちが村に響く☆


恋心も歌で伝え合った。

「私の歌が、あなたの心の奥まで届きましたか?
届いたなら、私はもっともっと深くあなたを知りたいです。
そして、あなたと一緒にこの歌を歌いたいのです。」

「食は身体を養い、歌は心を養う」

心がきゅんとなる素敵なお話☆


三輪車を押すお年寄りの男性の後を
ゆっくりとついて行くワンちゃん。
(北京 胡同にて)